文字サイズ

標準
拡大
チケ探TOP > 検索結果

検索結果

次の条件で検索した結果、6 件見つかりました。
検索条件をクリア

ジャンル

未選択

エリア

未選択

日にち

未選択

キーワード

未入力
伝統演劇
2018/02/22
木曜芸能公演 百花繚乱【うちなー(沖縄)芝居】

沖縄の文化芸能の発信拠点として、毎週木曜日に多様なジャンルの伝統芸能を上演している、テンブス木曜芸能公演「百花繚乱」。 2/22(木)は、【うちなー芝居】 ・演題:現代明朗歌劇「義理の兄妹」作 平安山英太郎 ・出演:一般社団法人 沖縄俳優協会(新垣勝夫、具志清健、津波安明、嘉陽田朝裕、立花愛希、金城しの) ・三線:金城清徳 ・内容:東前門の主の子供、かなしーと太良という兄妹がいた。ある日ひょんなことから、かなしーとは血が繋がっていないことを知ってしまう。そして次第に太良は、かなしーに恋心を抱くようになるが、かなしーには心に想う人が・・・太良の恋の行方やいかに。 ・演出:泉賀寿子

沖縄
木曜芸能公演 百花繚乱【うちなー(沖縄)芝居】
販売中
公文協
2018/03/01
木曜芸能公演 百花繚乱【琉球舞踊】

沖縄の文化芸能の発信拠点として、毎週木曜日に多様なジャンルの伝統芸能を上演している、テンブス木曜芸能公演「百花繚乱」。 3/1(木)は、【琉球舞踊】 出演:紅倫の会 照屋倫子琉舞道場 演目:松竹梅、浜千鳥、上り口説、下り口説、高平良万歳、加那ヨー、笠踊り、マミドーマ、創作舞踊「女(はな)」、創作舞踊 「恋(れん)・恋(れん)」 内容:古典踊りから雑踊りまで、様々な琉球舞踊をご覧頂けます。創作舞踊「女(はな)」は女性の美しさ・強さ・ひたむきさを、「恋・恋」は愛しい人を想う切ない恋心を表現。若手実力派の師範・教師である踊り手、地謡ともに女性を中心に華やかにお届けします! 【踊り】比嘉加奈子、高良涼子、山口友子、國本真代、新城まこ、新城七海恵、新城花恵、比嘉利緒奈、上原楓夏、高江洲芽生、嵩西顕瑛、比嘉乙葉、末吉真生 【地謡】<三線>小畑香代恵、玉城智恵美、伊良部あゆ、長田綾子、與古田桐子、森田ユキ子

沖縄
木曜芸能公演 百花繚乱【琉球舞踊】
販売中
公文協
2018/03/08
木曜芸能公演 百花繚乱【琉球舞踊】

沖縄の文化芸能の発信拠点として、毎週木曜日に多様なジャンルの伝統芸能を上演している、テンブス木曜芸能公演「百花繚乱」。 3/8(木)は、【琉球舞踊】 出演:玉城流 光乃会 演目:潮吸(うすく)マー、海魂(かいこん)、かぬしゃがまよー、舞踊劇「海人とアカカナジャー」 内容:沖縄芝居の花形スターとして活躍した大城光子家元による、“海”をテーマとした創作舞踊集! 京都、大阪、和歌山と全国に広がる光乃会の中でも、今回は大阪支部と初共演。 役者の顔を持つ家元創作の、物語性あふれる踊りの数々をご堪能ください。

沖縄
木曜芸能公演 百花繚乱【琉球舞踊】
販売中
伝統演劇
2018/03/15
木曜芸能公演 百花繚乱【上映】

沖縄の文化芸能の発信拠点として、毎週木曜日に多様なジャンルの伝統芸能を上演している、テンブス木曜芸能公演「百花繚乱」。 3/15(木)は、「スクリーンで蘇る 乙姫劇団」 時代明朗歌劇「今帰仁祝女殿内(ナチジンヌンドゥンチ)」 沖縄テレビ 第23回郷土劇場 作:上間昌成 脚本:真喜志康忠 1981年に沖縄迎賓館で公開収録された、伝説の舞台です。 現在まで様々な劇団で演じ続けられてきた名作。 最近は脚本の長さゆえに後半部分がアレンジされることも多いですが、今回は前編・後編を一挙公開いたします! 沖縄の演劇界で今なお語り継がれる「乙姫劇団」の看板女優たちが織り成す楽しい歌劇が、スクリーンで蘇ります。 もう一つの結末をお見逃しなく! 真壁の若按司(ワカアジ)・・・上間初枝 下男三良(サンラー)・・・間好子 チラー・・・宮城房子 カマドー・・・兼城道子 カマドーの主(スー)・・・玉木初子 カマドーのアンマー・・・藤村幸子 隣のウスメー・・・伊舎堂正子 祝女(ノロ)アンマー・・・中曽根律子 あらすじ:山原(北部)に旅行に出かけた真壁の若按司(ワカアジ)と下男の三良(サンラー)。途中、今帰仁の祝女殿内(ヌンドゥンチ)で足をやすめることに。そこで出会った村一番の美人姉妹と恋に落ちる。しかし祝女(ノロ)には恋をしてはいけない掟が。さて二組の恋の行方は!?乙姫劇団が描く、この作品の結末とは・・・。若按司とカマドー小(グヮー)の品のあるやりとりと対照的な、百姓である三良とチラー小の軽妙洒脱なやりとりは見どころ。 制作・著作:沖縄テレビ放送 協力:眞喜志きさ子

沖縄
木曜芸能公演 百花繚乱【上映】
販売中
公文協
2018/03/22
木曜芸能公演 百花繚乱【琉球舞踊】

沖縄の文化芸能の発信拠点として、毎週木曜日に多様なジャンルの伝統芸能を上演している、テンブス木曜芸能公演「百花繚乱」。 3/22(木)は、【琉球舞踊】 出演:劇団うびらじ(東照子、嘉陽田早苗、松田勝江、新垣清美、森根藍水、又吉優美、平田静佳、賀数勝子、平田隆子、仲松めぐみ、大湾美香、比嘉 雪乃、知念亜希、嘉陽田朝裕、小嶺和佳子) 演目:春の山、仲里節、故郷、寸劇「楽しき朝」、土精、無情の運命、通い船、塩屋のパーパー、新勝連節(作/初代玉城盛義)、銭鳴い 内容:流会派を超えた会主、師範、教師の踊り手が一体となって繰り広げる、創作舞踊と寸劇。 見どころは、和楽器と琉球舞踊が融合した「土精」。 “土の精”と青年の切ない初恋を表現。 琉球舞踊の形式にとらわれない、芝居心たっぷりの振り付けは必見です。 地謡:<三線・歌>上間宏敏、上間仁志 <琴>神谷宏美 <笛>東江司、<太鼓>志喜屋順子 監修:松門正秀

沖縄
木曜芸能公演 百花繚乱【琉球舞踊】
販売中
クラシック
2018/03/29
木曜芸能公演 百花繚乱【クラシック音楽&バレエ】

沖縄の文化芸能の発信拠点として、毎週木曜日に多様なジャンルの伝統芸能を上演している、テンブス木曜芸能公演「百花繚乱」。 3/29(木)は、【クラシック音楽】 てんぶすクラシックvol.10 舞踏会へようこそ! 出演:ダンケチェンバーアンサンブル   <ヴァイオリン>池田聖香、上地芙実、金城由希子、田場尚子、千野郁子、松山由香子   <ヴィオラ>井尻愛美、岸本玲奈   <チェロ>上原玲未、棟元名美   <コントラバス>木幡奈緒美 プログラム:J.シュトラウス2世 作曲「美しき青きドナウ」「春の声」     喜歌劇「こうもり」より「皇帝円舞曲」「南国のバラ」 内容:昼の部は弦楽合奏によるコンサートを、夜の部はダンスフロアを設けたウィーンの舞踏会スタイルで、ワルツを踊りながら楽しめる特別公演!夜の部へはぜひ正装で♪ 夜の部限定で、グラスワインの販売もあります!(18:00~) 共同主催:一般社団法人 楽友協会おきなわ

沖縄
木曜芸能公演 百花繚乱【クラシック音楽&バレエ】
販売中
もっと見る